コンプライアンス

当社は、社会から信頼を得られる経営基盤の構築を目指し、社会的責任に根ざした透明性のある、公正な企業活動を行なうために、コンプライアンスを真摯に受け止めています。
機会あるごとに経営トップがコンプライアンスの重要性を唱える一方、「コンプライアンス統制委員会」を2004年に設置し、当社におけるコンプライアンス体制の構築と、社内へ浸透させるための従業員教育や関連規程の整備など、さまざまな活動を実施してきました。
また、当社の方針と姿勢は「企業倫理憲章」および、これを役員や従業員の行動指針に落とし込んだ「役員・従業員行動宣言」にて明示し、社内外に周知しています。
当社は今後とも、コンプライアンスの徹底、企業倫理の向上に努め、その社会的責任を果たしていきます。

基本方針
  • 2004年7月「企業倫理憲章」を制定。当社の倫理目標を明確にしました。
  • 2005年12月「役員・従業員行動宣言」を制定。「企業倫理憲章」を具体化し、その実効性を確保するための役員・従業員の行動指針を明示しました。
  • 2005年4月「個人情報保護方針」を制定し、個人情報管理を行っています。
実践と浸透のための活動
  • 2006年「公益通報ホットライン」を設置。法令違反行為などを従業員が相談・通報できる窓口として、疑問や相談などを電話、メール、郵便など手段を問わず受け付けています。
  • 部門毎にコンプライアンスの浸透を確認する「コンプライアンス・アセスメント」を実施し、改善を促しています。
  • 2004年以降、毎年1回「コンプライアンスに関する意識調査」を実施しています。
  • 2010年から毎年10月を「企業倫理月間」と定め、さまざまな企画や教育活動を実施することで、コンプライアンス意識の向上を図っています。